【ショートコラム】4月は毎日更新中!読んでみる

【2024下半期】Web小説を応募できるサイト・新人賞の特徴まとめ|7-12月

ひとつの作品を書きあげるとやはり充実感は大きいもの。やり遂げた自分をまずは褒めたくなるのではないでしょうか。

でも書き上げたらやっぱり誰かに読んでほしい。そして、自分の小説ってほかの人が読んだらどんなレベルなのだろう? と気になる人もいるのではないでしょうか。

そこで活用したいので新人賞です。いい結果は得られないかもしれない。でも力試しはできます!

今回は、7月以降にwebから応募ができる下半期の新人賞をご紹介します。

もくじ

2024年下半期(7-12月) Web小説を応募できる新人賞一覧

第19回 小説現代長編新人賞

〆切:2024年7月31日
原稿文字数:1枚30字×40行で換算し、83枚以上167枚以内。

募集内容・特徴

自作未発表の小説。ジャンル不問。

https://tree-novel.com/works/episode/18073db194fc4764efbf6370140a12f1.html

第20回 短編恋愛小説「深大寺恋物語」

〆切:2024年7月31日13時
原稿文字数:1枚あたり40字×20行で最大5枚、4000字以内。

募集内容・特徴

深大寺や周辺地域が織り込まれていること、恋愛小説であること、文芸作品としての価値があること、この3点が盛り込まれていることが原則です。

https://novel.chofu.com/application/entry_20th/

第13回 集英社ライトノベル新人賞

〆切:2024年8月25日23時59分
原稿文字数:1枚あたり42字×34行で換算し、50枚~120枚

募集内容・特徴

王道部門とジャンル部門の2部門。ジャンル部門のテーマは「純愛」。入選作品は原則として出版されます。

https://dash.shueisha.co.jp/award/classic.php
https://dash.shueisha.co.jp/award/genre.php

小説野性時代新人賞

〆切:2024年8月30日
原稿文字数:400字詰め原稿用紙換算200枚から400枚の長編作品

募集内容・特徴

広義のエンターテイメント作品。ジャンルは問わない。(ノンフィンクション、論文、詩歌、絵本は除く)

https://awards.kadobun.jp/yaseijidai/

第19回 小学館ライトノベル大賞

〆切:2024年9月30日23時59分
原稿文字数:1枚あたり42字×34行で換算し、70枚から150枚

募集内容・特徴

ビジュアルが付くことを意識したエンターテイメント小説。ジャンル不問、商業未発表作品。一次審査通過者全員に評価シート&寸評が送られます。大賞、ガガガ賞、優秀賞、審査員特別賞はデビュー確約。

https://gagagabunko.jp/grandprix/#essentialPoint

横溝正史ミステリ&ホラー大賞

〆切:2024年9月30日
原稿文字数:1枚あたり40字×40行で換算し、75枚以上150枚以内

募集内容・特徴

広義のミステリ小説、または広義のホラー小説。大賞は単行本として刊行、優秀賞は刊行の可能性、読者賞は文庫として刊行されます。

https://awards.kadobun.jp/yokomizo/

第30回 スニーカー大賞

〆切:2024年9月30日23時59分
原稿文字数:1枚あたり40字×32行で換算し、100枚以上130枚以内

募集内容・特徴

10代の読者を対象とした、あなたにしか書けないエンタイメント作品。受賞者はデビュー確約。受賞を逃しても担当編集がつく可能性あり。大賞作品はコミカライズ確約。一次選考通過作品で希望者には編集部から選評シートが送られます。

https://sneakerbunko.jp/award/

第130回 文學界新人賞

〆切:2024年9月30日
原稿文字数:400字詰原稿用紙で70枚以上150枚以下

募集内容・特徴

新人の未発表原稿に限る。

https://www.bunshun.co.jp/mag/bungakukai/bungakukai_prize.htm

第68回 群像新人文学賞

〆切:2024年10月15日
文字数:400字詰原稿用紙70枚以上250枚以内

募集内容・特徴

自作未発表の小説に限る。

https://gunzou.kodansha.co.jp/awards

第17回 金魚屋新人賞

〆切:2024年11月30日
原稿文字数:枚数及び作品数に制限なし

募集内容・特徴

俳句、短歌、自由詩、小説(全カテゴリー)、評論そのほかの未発表作品。

https://gold-fish-press.com/archives/89528

どうやって応募先を選ぶ?

自分が普段書いているジャンルの賞に応募するようにしましょう。ジャンル不問の場合は、読者層や、これまでの受賞作品をチェック。自分が書くものと親和性があるかどうか確認しましょう。

また、自分が完成させられるボリュームか、ということも大事。素敵な作品を書くことも大事ですが、まずは完成させられないと、応募はできません。

書く前にチェック!

一番大事なのは、応募要項を確認すること。文字数は間違っていませんか? 規定の書式になっていますか? ちゃんと〆切は合っていますか?

特にWebからの応募だと、いろいろとルールも存在しています。間違えると選考もしてもらえず、せっかくの努力も水の泡に。面倒くさがらずにしっかりと確認しましょう。

応募する前にチェック!

そしてこれも大事!なのは誤字脱字チェックです。誤字脱字が減るだけでも、グッと読みやすくなります。こちらも面倒くさがらずに何度もチェックするようにしましょう。場合によっては身近に人にも読んでもらうのがいいかもしれません。

まず何よりも大切なことは、書きあげること!応募したい新人賞を見つけたら、そこを目標に日々書き進めていきましょう。

この記事がよかったらシェアお願いします!
もくじ