イラストのポーズ、もっと上手くなりたい!お役立ちツール&サイト

当ページのリンクには広告が含まれています。

「どうしたら絵が上手くなるか」は、漫画やイラストを描く人にとって最大の課題。はじめて創作に挑戦した人はもちろん、歴戦の猛者にとっても永遠の願いです。常に向上心を持ち続けることは、クリエイターにとって一番大切なことですよね。

そんな中、一番最初の挫折のきっかけになるのは、キャラのポージング

キャラ絵を描くのが好きな人の多くは最初は「かわいい顔を描く」「好きな衣装をデザインする」というところがスタート地点。いざ、漫画にしようと思ったときにはそうはいきません。キャラはスンっと立っているだけでも、正面を向いているだけでもありません。

歩き、走り、座り、戦い、踊るのが漫画の中のキャラクター。キャラの躍動感は物語の魅力に直結します。さらにいうならば、どれだけ物語が良くても、キャラクターがいきいきして見えないと作品の評価につながりません。

着彩やデザインはセンスに左右される面もありますが、ポージングのうまさに関してはひたすら練習あるのみ!毎日コツコツ努力を積み重ね、ポージングイラストの強者を目指しましょう!

もくじ

デッサン人形

デッサン人形は、描き手さんにとっての必須アイテム。男性、女性、子供と揃えると安心です。美術用のデッサン人形は、もっとシンプルで関節も少ないですが、イラストを描く方には圧倒的に精巧なものがおすすめです。

とにかく人形に何かポージングを取らせて、それをデッサンするのひたすら繰り返す。超アナログではありますが、一番効果的な練習方法です。手にとって360度どこからでも観察できるので、人間の関節や筋肉の動きの構造を学ぶことができます。

テキスト本

ポージングを学ぶためのテキスト本も数多く出版されています。完成したイラストから逆再生のように骨格構造まで遡っていくので、絵の成り立ちが一目瞭然。情報量が多くかなりの満足感をえることができます。

ひたすらイラストを掲載しているポーズ集から、参考書のような詳しい解説が記されているものまでさまざまな種類があるので、用途に合ったものを選んでみてくださいね。

Webサイト

今の時代、一番気軽に使えるのはやっぱり便利なサイト。パソコンやタブレットで作業しているときにパッとサイトに飛べるのが嬉しいですよね。モニターに大きく映してみることができるのもありがたいですよね。

こちらは、さまざまなポーズをみることができるポーズサイトですが、今日のお題が毎日現れるのが特徴。30秒ドローイングの練習にもぴったりです。自分でポーズを選ぶよりバリエーションも増えますし苦手な課題にも挑戦しやすいですよね。

サイトの掲載されているポーズは3Dイラストとしてくるくると回すことでさまざまな角度から見ることができます。
自分が描きたいイラストの構図に合わせて参考にできるのが嬉しいですよね。ランダムにポーズが出てくる30秒ドローイングもできるので、日々の練習にもうってつけです。

海外のドローイングサイトは、実際の写真を使うことが多いです。日本のサイトは素体が基本なのでどちらも使いこなせるととても便利です。

こちらは人物以外にも静物や動物もあるのが特徴です。スタイリッシュな写真が多いので、自然とセンスが磨かれそう。30秒ドローイングもあるので、ぜひ活用してみてください。

デッサン人形、本、ウェブサイト。さまざまなツールで学ぶことができるポージングドローイング。ぜひ臨機応変に使い分けながら、練習を日課にしてみてくださいね。毎日続ければ必ず成果がでますよ。

この記事がよかったらシェアお願いします!
もくじ