【初心者向け】同人イベントに行く服装で気をつけたいこと6選|コーデ

イベントに持っていく荷物はカンペキ!忘れ物もなし!……となると次に考えなければならないのが、当日の格好です。でも、同人イベントに何を着ていけばいいのか、悩むところ。

何かルールがあるのかな?
NGな格好はあるのかな?

一般参加で行ったことがあっても、実はあまり服装については気にしていないこともあって、分からないものですよね。今回は、同人イベントに行く際に気をつけたい服装のポイントをチェックしていきます!

もくじ

【その1】動きやすい格好で!

オシャレはしたいけれど、動きづらいと、会場内を見て回るのにはミスマッチです。動きづらいとそれだけで体力が消耗してしまいます。

特に多くのブースを見て回る場合は、自分が普段、動きやすいと感じている服でコーディネイトすると安心でしょう。

【その2】体温調整が可能な格好で!

夏でも冬でも、会場の温度はなかなか予想できない状況。思いのほか暑かったり、寒かったり、ということもあるので脱ぎ着ができるものだと良いでしょう。

夏の場合は酷暑が予想されるので、服装以外にも暑さ対策のグッズを用意しておくと安心です。

【その3】履き慣れた靴を使おう

これも動きやすさ、という点で大きなポイントです。慣れない靴だと靴擦れをしてしまったり、足が疲れてしまって、せっかくイベントに行ったのにあまり見て回れなかったり……。

人も多い場合があるので、サンダルなどは避けたほうが安全かもしれません。足を踏まれてケガをする可能性もなきにしもあらず。サークル参加の場合は、自分のブースにいるときだけサンダルに履き替えるのはアリ。ただ荷物になることは覚えておきましょう。

【その4】清潔感は大事

サークル参加だとしても、一般参加だとしても、やはり清潔感は重要です。

相手に対する第一印象が悪くなってしまいます。むしろ清潔感さえあれば、相手への印象はOK。冬でも、歩き回ると暑かったり汗をかいたりするので、汗拭きシートは持っていっておくと良いかも。

【その5】カバンはリュックが便利!

たくさん購入する場合は、やはりリュックだと体への負担が少なく済みます。

ただ、リュックだと、気づかぬうちに人にぶつかったり、物にぶつかったり……ということがあります。会場内では前に抱える形が良いかもしれません。

サークル参加の場合は、貴重品を入れる小さな肩掛けバッグと、購入したものを入れるサブバッグがあると便利です。

【その6】おしゃれはNG?

楽しみにしていたイベント、当然、おしゃれだってしたくなるはず!

もちろん、イベントでオシャレをしてはいけない、というわけではありません。機能性を重視しつつも、オシャレをする工夫を考えるのも良さそうです。ファッション好きとしては腕の見せどころかも!?

推しにちなんだカラーや、柄を取り入れてみたりと、さりげないアピールをしてみるのも。アクセサリーなどで取り入れてみるのも良さそうです。

【まとめ】基本は好きな格好で!

気をつけなければならないのは、安全面の問題です。歩きづらい格好で転んでしまったり、足を怪我してしまったり、と服装が健康を害してしまうきっかけになってしまうのが一番辛いところ。

そういった安全面が確保できているのであれば、基本は好きな格好でOK!何より、好きな格好をしていると、それだけで元気になれるはず。大事なイベント、好きな服でテンションをあげていきましょう!

この記事がよかったらシェアお願いします!
もくじ