【解消済】ご意見・要望フォームの送信不具合について

同人イベントの敷き布(サークル布)サイズと選び方|どこで買う

イベントに参加するときに、欠かせないもののひとつとしてあげられるのが敷き布です。

配置された場所に敷くため、敷き布(サークル布、テーブルクロス、ブースクロスなど)と言われています。イベントに行くと、それぞれがカラフルな布を使用していますが、全てサークルごとに自分たちで用意しているのです。

初めてイベントにサークルとして参加するという人は忘れずに用意をするようにしましょう。

もくじ

どれぐらいのサイズの布が必要?

多くのイベントでは1スペースのサイズは横幅90センチ、奥行きが45センチ、高さが70センチとなっています。

横幅については、ひとつのテーブルを2つのサークルで分け合っていますので、1サークルで2ペースで申し込んだ場合は、横幅が180センチになります。目安として頭に入れておくようにしましょう。

敷き布はどこで買う?

敷き布を買うには、幾つかの方法があります。

手芸店などで購入する

ユザワヤなどの手芸店なら、自分の好きなサイズで購入することができます。また、素材なども手で実際に触れて確認ができますし、色も「思っていたのと違った……」とがっかりしてしまうことも防ぐことができます。

ネットで購入する

イベントの前に布を買いに行く時間がない、手芸店が近所にないという人は活用してみましょう。楽天やAmazonなどで購入することももちろん可能ですが、中にはイベントの敷き布専用のショップもあるのでチェックしてみてくださいね。

雑貨屋やインテリアショップで購入する

雑貨屋やインテリアショップではフリークロスが販売されています。サイズはかなり大きめになりますが、自分でカットしたり、折れば問題なく使用することができます。ミシンなどを使うのが得意であれば、半分に切って裁断部分を処理しておけば、スペアができるので良いかもしれません。

サークル専用の敷き布を発注する

敷き布にサークルの名前を入れたい、オリジナルキャラクターをプリントしたいという場合は、自分でデザインをして発注するのもOK。今後、何度もイベントに出店する予定があるなら、無駄な出費にはならないはずです。

敷き布にベストなサイズは?

フリークロスなら問題ありませんが、お店やネットで買う場合は、サイズを指定しなければなりません。その場合は、横幅は90〜100センチ、縦幅は100〜110センチがおすすめです。

横幅はきっちり90センチだと、測らずに自分のスペースのサイズ感がわかるので便利!ただ、裁断した部分を処理しないとほつれてきてしまいます。可能なら、10センチ程度大きめのサイズにして、内側に折り込んで塗っておくと使いやすくなるでしょう。

敷き布の色や柄の選び方は?

イベントで使う敷き布は無地で暗めの色が良いと言われています。

というのも、自分の本をそこに置くので、本を引き立ててくれる布だとベスト。あまり派手な柄が入っていると、本の情報が伝わりづらくなってしまう場合もあります。

ただ、サークルのカラーなどがあれば、それを取り入れるのも良いですし、派手な敷き布にしたい!という場合は、本を置く場所にだけシンプルな紙やボードなどを置いてみるのもいいかもしれません。

敷き布は本を引き立ててくれる重要な脇役

敷き布があると、本を引き立ててくれますし、スペース自体の雰囲気作りにも役立ちます。何度も活用する場合は、自分が書いている作品とのバランスを考えて探してみるのも楽しいですよ。

\ ゆる〜く募集してます! /
Dounatsへのご意見・要望はこちら

この記事がよかったらシェアお願いします!
もくじ