【ショートコラム】4月は毎日更新中!読んでみる

年を重ねても創作意欲やモチベーションを維持する4つのポイント

年を重ねる中で、環境が変わって忙しくなったり、自分の作品に自信が無くなったりして、創作意欲が落ちてしまった……と感じることはありませんか?

昔はちょっとした隙間時間でも創作活動ができたのに、今は休日に時間があってもやる気にならない!という人もいるかもしれませんね。

そこで今回は、年を重ねても創作意欲やモチベーションを維持するポイントを4つご紹介します。

もくじ

作業環境を整える

思い立ったらすぐ創作活動ができるように、作業環境を整えておきましょう。

例えば、デスク周りに物が散乱していて、片付けないと作業ができない……という状況だと、モチベーションが上がりませんよね。

「デスクの上は、創作活動ができるスペースを空けておく」、「資料など、必要なものはすぐに見つかるようにする」など、まずは創作意欲を邪魔しない環境を整えてください。

“自分軸”を持つ

たくさんの評価をもらおうと、無理に「流行りのジャンル」や「流行りの作風」を追いかける必要はありません。

様々な経験をした、大人のあなたにしか描けない作品があるはずです。

新しいジャンルにハマれなくても、昔から好きな作品をもう一度見返してみると、新しい発見があるかもしれませんよ。

他人からの評価は気にせずに、“自分軸”を持って創作活動を楽しみましょう。

SNSと上手く付き合う

今は10~20年前にはなかったSNSがたくさんあり、同じ趣味の人同士が簡単に繋がることができます。

お互いに作品を見せあったり、感想を送りあったりするのは楽しいですが、時にはトラブルに巻き込まれてしまうことも……。

趣味仲間との関係がこじれると、創作意欲が減退してしまいますよね。

少しでも「おや?」と思うことがあったら距離を取る、ネガティブな意見はスルーするなど工夫をして、SNSと上手く付き合うようにしましょう。

健康的な生活をする

長く創作活動を続けていくためには、やはり健康であることが1番大切です。

仕事や家事の疲労がたまっていると、創作意欲は湧いてこないでしょう。

自分なりのリフレッシュ方法を探し、早寝早起きや食事などの生活習慣を見直して、健康的な生活を目指してみてください。

また、締め切り前に徹夜するような無茶はせず、無理のないスケジュールで創作活動をしましょう。

まとめ

年を重ねても創作意欲が衰えず、モチベーションを維持できている人って素敵ですよね。

つい若い人と比べて落ち込むこともあるかもしれませんが、年を重ねたから今だからこそ描ける作品もあります。

心と身体の健康に気をつけて、これからも創作活動を続けていきましょう!

ここで、あなたにオススメな一冊!

私のジャンルに「神」がいます』では、”天才字書き”と呼ばれる「綾城さん=神」に対して、嫉妬したり、憧れたりする様々な女性オタク達が登場します。 流行が過ぎてしまった“過疎ジャンル”のオタクや、”産後出戻り”のオタクなど、色々なキャラがいるので面白いです。 作品のブクマ数・コメント数に振り回される様子なども共感ポイント。

\ 7,000作品以上が無料で読める! /

この記事がよかったらシェアお願いします!
もくじ