【ショートコラム】4月は毎日更新中!読んでみる

【厳選】小説の場面切り替え記号!あなたは何を使っていますか?

小説の場面が切り替わる際に、記号が入っているのをよく見かけませんか?

特にルールはないようですが、どの記号を使うのがベストなのか、みんなはどんな記号を使っているのか、ご紹介します。

もくじ

「◇」をひとつ

シンプルで、読んでいる分には気にならないけれど、きちんと場面の切り替えだと理解することができそうです。

「*」をひとつor複数

「*」はひとつで使う人や、3つ並べて使う人がいるようです。

こちらもとってもシンプル。また、すぐに入力ができる記号なので執筆の際にも使いやすそうです。

小説の内容にまつわる記号を入れる

例えば、音楽に関する小説なら「♪」を入れたり、恋愛物なら「♡」を入れてみたり。

切り替えの記号で個性を出したり、自分の作品ならではの工夫ができておもしろそうですね。

数字を入れる

記号ではなく、数字を入れるという場合も。章立てとまではいかなくても、物語の区切りとしては分かりやすいかもしれません。

複数改行で

記号を使うのが苦手……という人も。

そういう人は、改行で対応しているようです。1行開け、3行開けなど好みによってさまざま。

ただ改ページと場面切り替えがかぶってしまうと、切り替えが分からず混乱する場合もあります。

ネットでの公開ならさらに工夫も

ネットで横書きでの公開なら、記号もさらに工夫ができます。

極端な例えで言うと、その場面のキャラクターの心情に合わせて顔文字を入れるのもありです。

とは言え、文字以外の情報が増えてしまうと、読者にとっての雑音になる場合もあるので注意が必要です。

ルールがないところだからこそ、自分の遊び心を加えることもできます。それが書き手の特徴になる場合も。 作品を書き続けていく中で、自分にぴったりの「切り替え記号」を見つけてみてくださいね。

こちらの記事もおすすめです!

この記事がよかったらシェアお願いします!
もくじ