【ショートコラム】4月は毎日更新中!読んでみる

【絵チャ】見学するときに気をつけたいマナー|見るだけ

絵チャ(お絵描きチャット)界隈、とっても盛り上がっていますよね。

SNSやタブレットの普及と共に人気は拡大し、ネット上にはたくさんの掲示板があります。すでに「楽しんでるよ!」という声も多く聞くようになりました。

作品タイトルだけが明記されているルームから、なりきり、カップル指定、オリジナルキャラ限定など、テーマが細分化されているので気の合う仲間と出会えるが嬉しいですよね。

ただ、基本的にはイラストで交流するのが絵チャのコンセプト。

「絵は描けないけどのぞいてみたい」といういわゆる“ロム専”はできるのでしょうか。

マナーや見学参加方法をご紹介します♪

もくじ

「ロム専OK」と書かれているルームをチェック!

ルームの説明にそう書かれていると安心ですよね。堂々と見学していただけます。同様に「ロム専禁止」と明記されている場合もあるので、気になるルームがあったら詳細をしっかり読んでみましょう。

SNSの普及で描き手さんのファンもどんどん増えているので、“ロムりたい!”という要望に寄り添ってくれているルームもたくさんありますよ。

「ロム専歓迎」の絵チャ開催を予定している場合もあるので、SNSの告知も見逃さないようにしましょう!

ずばり入室して聞いてみる!

「ロム専禁止」以外のルームであれば入室のご挨拶をしてから「絵を描けないのですが、ロム専として見学しても大丈夫ですか?」と聞いてしまうのが一番明快。

というのも、ルーム主催者側としては「描くの?描かないの?どっち?」という意思表示がない参加者が一番困ってしまいます。

実は、ロム専で絵チャを楽しむ方は少なくありません♪ 絵チャでのやりとりを見学してくれる人が多いと俄然張り切る!という描き手さんも多いです。

気になるルームは勇気を出してぜひ、入室してみてください!

マナーを守って「ロム専」を楽しみましょう!

ロム専だからって、じーっと黙って見ているだけではつまらないですよね。それに、好きな絵を見つけたら、「好き」「かわいい」など、感想を伝えたくなるというもの。

実は、「ロム専さんには黙って見ているより、コメントをしてほしい」と感じている描き手さんも多いんです。好意的なコメントなら間違いなくモチベーションが上がりますよね。

「他の方もコメント書いてるかな??」と少々空気を読む必要がありますが、ぜひ他の参加者さんの投稿に便乗してみてください!

安心してください。ロム専さん、たくさんいます!

実際描き手さんでも、即興で絵を描くのはなかなか難しかったり、「下手だと思われたらどうしよう」など躊躇してしまうこともあります。普段絵チャを楽しんでいる方でも「時間がないから今日はがっつり参加できない……けど、見たい!」と、見学を選ぶことも。

なので、絵チャを見学したいという気持ち、参加者さんが一番よくわかってくれています。

だからそこまで重く考えなくてOK! 暖かく迎えてくれる相性ぴったりのルームが必ず見つかりますよ。

絵チャ参加者さんからロム専さんに一言……!?

ほとんどの描き手さんが「見学大歓迎!」「コメントくれると嬉しいです!」と言うのと同時に、「ロムより参加した方がもっと楽しいよ」と感じています。

もしイラストに興味がある方は、初心者大歓迎ルームでちょこっと絵チャに参加してみるのは、とても楽しい体験になります。

というのも、絵チャットに参加するとものすごくイラストのスキルが上達します。普段じっくり学んだことを、即興で披露するというのは素晴らしい経験になりますよね!周りの方から刺激を受けたり、コメントももらえるのでやりがいも感じます。

楽しみ方が広く深い絵チャの世界、お好きな方法で思い切り楽しんでください♪

この記事がよかったらシェアお願いします!
もくじ